ウォーターサーバーと電気代

気になるウォーターサーバーの電気代

気になるウォーターサーバーの電気代 ウォーターサーバーを個人宅の家庭で使う上で、気になるのが電気代ですが、近年は、エコモードといった名前で、消費電力を極力抑えている、省エネタイプのウォーターサーバーなども増えており、月の電気代が節約できると評判になっています。電気代がどうしてもかかってしまうのは、熱いお湯をすぐに出す機能です。エコモードをであれば、85度の熱いお湯を、70度程度まで低く設定し、その状態で維持することによって、かかる電気代を抑えることが可能となっているものもあります。ウォーターサーバーをよく使う時間以外の夜中や日中の外出時といった時間帯にエコモードにしておくことで、電気の使用量が少なくなるのです。

エコモードが搭載されたウォーターサーバーだと、使用する頻度などによっても違いがでますが、ひと月当たりの電気代がおおよそワンコインのものもあります。ウォーターサーバーでは冷水とお湯をすぐに使うことができるため、湯沸かし用のポットを使用することと考えると、利便性も高く非常にお得といえるでしょう。

ウォーターサーバーの熱い水は、たとえば、すぐにカップ麺を作って食べたい時や、コーヒーや日本茶などを淹れたい時に使いやすい温度設定になっています。温かいお湯を飲みたい時、そして、育児中のご家庭などでは、哺乳瓶にお湯を入れたい時にすぐ可能となりますので評判も高いのです。そして、冷水の場合は、一番飲みやすい温度だといわれるひんやりとした快適な温度を保っているので、いつでもおいしい冷水が飲めます。そして、ウォーターサーバーを利用することでいろいろな節約にもなるでしょう。

ウォーターサーバー導入を検討する時には消費電力だけでなく、さまざまな費用、そして使い勝手などを検討していくことが大切になります。ウォーターサーバーはレンタル代がかからず、水も格安、電気代も安いというサービスが理想的です。できるだけこの状態に近い契約ができるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。また、その中でも電気代は必ず必要となりますから、重要項目のひとつとして検討しましょう。

現在、様々な省エネ機能搭載のウォーターサーバーが市場に出回っています。例えば、使わない時だけエコボタンを入れてエコモード切り替えができるウォーターサーバーもあります。また、光感知によって、暗くなったらエコモードになり、明るくなったら稼働モードになるウォーターサーバーもあるのです。

最新投稿

  • [2017年02月02日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月02日]
    運営者情報を追加しました。